?

Log in

No account? Create an account

February 16th, 2013

ブッシュ・パパの肖像が気になる

皆様こんばんは。

たまにはLGBTじゃないお話を。
わたしの本職はこんぴうたのプログラムなのですが、専門分野の「PDF」はよくハッキングの突破口にされることがあるので、サイバーセキュリティのニュースには注意するようにしています。
今日も、Acrobatのほぼ全製品にセキュリティホールが見つかったという不吉なニュースがありました。
ウイルスに操られて、eBayの領収書だとか、お買い得商品のチラシだとかいってPDFを送り付けてくる人がいるので、webに落ちているPDFなどを開くときは、出所の確かさをよっく確かめてください。

Acrobatを捨ててJust PDFとかに走ったほうが楽なような気がするのですが。

さてさて。
最近のロイターの報道ですが
ブッシュ家の電子メールがハッキング被害、写真や住所などが流出
http://feeds.reuters.com/~r/reuters/JPWorldNews/~3/xta5bKJp5mQ/idJPTYE91800P20130209

こんな記事が流れました。
いわく、米大統領二代を出したブッシュ家の誰かの電子メールが賊に荒らされて、プライベートな写真などがネットに放流されたとのこと。
発表したのがシークレットサービスというあたり、あちらの危機管理のリアルさを垣間見る気がしますが、気になったのは最後の一文です。

「また、ブッシュ元大統領の息子、ブッシュ前大統領が描いた上半身裸の自画像の写真も流出したという。」

どうでしょう。
気になりませんか?
ブッシュ・ジュニアがパパの裸身に抱く憧憬の念はどのように描かれているのでしょうか。
流出した写真を探してトレジャーハンティングしてみたくなりませんか?

もし見つけた方がいたら、きっとそれはウイルスが付着しているので、開いてしまったときはパソコンまたはスマホを100度の熱湯で5分以上煮沸消毒してください。

ブッシュ・パパは第二次大戦では太平洋戦線でパイロットとして活躍し、日本軍相手に二度撃墜されても生き延びて勲章を授与されたという、ナメてはいけない戦歴の持ち主です。
88歳のいまでも検査衣を一枚脱げば筋骨隆々たる体格が…
微妙にLGBTから離れきれていないような気がするのですが、きっと気のせいでしょう。